インプラントってどんなもの?

インプラントという言葉はよく耳にしますよね。ですがインプラント治療が実際にどの様なものなのかというのはあまりよく知られていません。
それには理由は様々あります。

費用が高く、実際に行う人が少ない

まず理由として、費用が高いので実際にインプラント治療をしている人が少ないということが挙げられます。
歯の治療は誰でも1回は歯科医院でやったことがあると思いますが、それは費用が安いので気軽に通えるからです。高くても単なるむし歯や歯周病程度であれば1回保険診療で3000円もあれば通院できますよね。
それに比べると、インプラント治療はとても高額で、インプラントを1本入れるごとに30万円程度かかります。総額じゃなくて、たった1本が30万円もするわけで、余程裕福な人や歯を良くしたいと思っている人以外は躊躇してしまう金額ですよね。
歳を経て、歯が無くなってきて義歯を入れたいという場合でも入れ歯を作るだけなら保険診療で1万円程度あればできてしまいますので、インプラント治療を行う人が少ないのもうなずける話です。

インプラントは体内に埋め込む医療機器である

インプラントという言葉はそもそも体内に埋め込む医療機器全般のことを指します。ですからペースメーカーなども厳密にいえばインプラントなのですが、なぜか歯の治療の場合にインプラントという言葉を使われることがほとんどです。
歯が無くなった場合に顎骨に埋め込む人工歯根などが歯科医で行うインプラントの代表的なものといえます。

インプラントは何で出来ているのか

インプラントは何で出来ているのかというと、主にチタンでできています。
チタンはアルミなどと同じ軽金属なのですが、値段が高いものでおいそれとは使用できません。ただ見た目が美しく、そして使い勝手が非常に良いため様々に使われています。
チタンは骨と違和感なく混ざり合って、上手い具合にくっつく性質を持っていますので、インプラントに使用されています。
骨と結合する性質がある上、噛み合わせても耐えられる強度も備えているため、これ以上の素材は今の所ありません。
このチタンこそがインプラントを最も安全で見た目美しく、ただし高額な治療としている要因なのです。