インプラントは、歯がなくなってしまったところに、人工の土台を作って、そこに人工の歯根を埋めてさらに、人工歯を埋め込む治療です。インプラント治療のメリットとしては、まずは今までなかったところに歯がありますから、きちんと食事を噛んで食べることが出来るので、消化が良くなりますし、滑舌も良くなるので、一般的なコミュニケーションも取りやすくなります。

歯科医による欠点(危険性)

ただ、ここ数年インプラントのトラブルが続出をしています。例えば、インプラントの治療をしたら、資料した部分がしびれてしまって食事ができなくなってしまったという事例はよくあります。これは、インプラントの治療をしたら、インプラントの先端部分が顎の骨を突き抜けてしまったことで炎症が起きているというケースです。他には、同じようにインプラントの先端部分が顎の骨を突き抜けて、今度は神経を傷つけてしまっているというケースです。このように、インプラントは口内の外科手術になるので、技術のない歯科医師が行うと失敗をすることが多々あります。
これはどういうことが原因かというと、今はあまりにも歯科医が多いのに、歯の治療をする人は、減ってきているということもあり、歯科医としての売上の低下が深刻であるということです。その売上の低下をクリアできるのがインプラントになるのですが、歯科医師の技術が、インプラントの手術に追いついていないということが最大の理由です。したがって、まずはインプラントの治療を検討している場合には、歯科医師選びと言うものがとても重要になりますので、まずは口コミをよくチェックをして、治療をする前に歯科医師を面談して、この歯科医師にお願いするに足るかどうかということを見極めてから、治療をするということが大切です。

患者のリスク

次に、歯科医師の技術だけがリスクというわけではありません。インプラントの治療を受けた患者さん自身が、リスクになることもあります。これはどういうことかというと、インプラントの治療が成功裡に終わったからと行って、それで終わりというわけではありません。つまり、治療が終わっても、しっかりメンテナンスをしないと今度は歯周病になるからです。歯周病の原因は、歯の中の汚れです。具体的には、歯石があったりすると、それが原因で歯周病になります。したがって、インプラントの手術が終わっても、お口の中のメンテナンスは日々の歯磨きでクリアにはなりませんから、何ヶ月に1回は、インプラントの治療をした歯科でお口の中のメンテナンスを定期的に行って、歯周病にならないようにしましょう。