インプラント手術をする前に行うこと

インプラントの手術をする前には、まずはインプラントを設置できるようにするために、歯のメンテナンスを必ず行います。具体的には、まずインプラントの手術をすることが可能であるかどうかをまずチェックをして、こちらで問題がないということになった場合に、すぐにインプラントの手術をするというわけではありません。まずは、虫歯や歯周病などを完全に直してから、インプラントの手術をしないと、口の中が不健康な状態でインプラントの手術を行ってしまうと、虫歯や歯周病が治っていませんので、不健康な状態が続き、せっかくインプラントをしても、その部分が溶けてしまったりして、虫歯や歯周病が悪化するからです。
口内の健康問題をクリアして、インプラントの手術をします。インプラントの手術は抜歯と比べると、かなり大掛かりな手術になりますので、ダウンタイムがあります。そのため、手術が終わった後には、痛み止めなどの服用をすすめられます。

インプラントのメンテナンスは必要なのか

では、インプラントの手術が成功すれば、その後は何もしないでも良いのでしょうか。つまり、インプラントで口内がしっかり元気になったし、何よりも今まで噛むことも不自由をしていたので、食事もおいしくなかったけれども、インプラントのお陰でしっかりご飯も食べられるようになったと喜んでいる人が多いと思います。でも、インプラントの手術で口内の健康が正常に戻っただけで、しっかりメンテナンスをしないと、普通に歯周病となり、その結果せっかくインプラントがだめになってしまうのです。
つまり、人間の歯は、それがもともと生えている歯でも、インプラントのような義歯であっても、どれだけ磨いてもやはり歯石が必ず付着をします。歯石というのは食事をしたに付着したり、歯を磨いても磨ききれない汚れが原因なのですが、歯石が付着をしますと、これがきっかけで歯周病になってしまいます。歯周病は、歯が溶けてしまう病気ですが、これはインプラントの手術をしても発症してしまう恐ろしい病気です。そのためにはこの歯石を除去する必要があります。
歯石の除去に関しては、これは歯磨きだけでは除去することが出来ません。それではどうしたら良いのかと言うと、これは定期的にインプラントの手術をしてもらった歯科医で、歯石を除去してもらうようにしてもらいましょう。また、歯科医に定期的にメンテナンスに行くということは、口内の身体検査をするようなものですから、他に悪いところなどを早期に発見できますし、何よりも口内の健康を維持できるというメリットもありますので、しっかりメンテナンスをしてもらうようにしましょう。