インプラントが保険適用外の理由

インプラントは原則健康保険適用外とされています。これはどうしてそういう理由になるのでしょうか。というのは、歯を失ったあとの治療としてブリッジや入れ歯が保険適用となるのに対し、インプラントが保険適用とならないことにはどのような理由によるものなのでしょうか。入れ歯にしてもインプラントにしても失った葉をサポートするための治療のようですが、現実的にはインプラントは健康保険の適用外となっています。

インプラントが健康保険適用外となる理由のひとつは、インプラントに費やされる知識や技術にあります。インプラントは人工歯根を顎の骨のなかに入れ、そこに人工歯をつけて自然な歯とほぼ同等の違和感のない快適な噛み合わせを作る特殊な治療です。
この治療を行うには専門的な知識がいくつも必要となります。まず安全に人工歯根を顎の骨に入れるためには、骨の状態に詳しくなる必要があります。そのためには解剖学の知識を取り入れなくてはいけません。

またインプラントを使って食事をする際に、インプラントに強く負荷がかからないように噛み合わせを調整する必要があります。これには歯の噛み合わせに関する専門知識が必要となります。さらに人工歯根やインプラント治療で使用する道具はすべて特殊なものであるため、これを扱うための専門的技術も必要です。

以上の技術はインプラント治療を扱う歯科医院が独自に導入しており、義務化されているものではありません。そのためインプラント導入に生じた費用は歯科医院自身が負担しなくてはいけず、そのためインプラント導入に際し発生した費用に応じて治療費も高く設定されるのです。

次にインプラントが保険適用外とされる二つめの理由は、保険診療は必要最低限の治療しか認められていないためです。

虫歯や歯周病で歯を失うことで食事が難しくなると、健康に影響する可能性が出てきます。このような状態を改善するために入れ歯を作ることは保険診療として認められます。しかしインプラントの治療の場合は、インプラント治療をすることで入れ歯以上に安定感のある噛み合わせを求めることは保険診療を逸脱してしまうため、インプラントは保険適用外ということになり、自由診療とされています。

インプラントも保険適用される場合もある

ただし、条件によって保険が適用される場合もあります。どういう場合に適用されるのかと言うと、

  • 病気(腫瘍や顎骨骨髄炎などの)や、事故の外傷などによって、広範囲にわたり顎の骨を失ってしまった状態
  • 骨移植によって顎の骨が再建されている
  • 先天性疾患で、顎の骨の1/3以上が連続して欠損している状態
  • 顎の骨の形成不全であること

に該当をして、これらの対策の場合、ブリッジや入れ歯の治療では対応が難しいとされ、その代替の治療としてのインプラントは、保険の適用となります。更には、治療する医療施設も限定されます。つまり、現状では一般の歯科医院では保険適用されたインプラントの治療を受けることは出来ないということです。

では保険適用されたインプラントの治療が受けられる医療機関の条件をご説明します。

  • 病院(医院ではない)にある歯科医か口径外科
  • その病院の歯科か口径外科で5年以上の治療を経験のある医師か、インプラント義歯の治療経験が3年以上ある医師が常勤で2名以上配置されている病院であるかどうか
  • 当直体制が整備されている病院
  • 国が定めている医療機器や医薬品などの管理が整備されている病院であるということ

このように保険適用される病院の条件は、非常に厳密ですので、基本的には大学病院など大きな病院のみということになります。